改修工事

床面は常に酷使される環境下にあるため、最も傷みやすい部位となります。凹凸や段差が生じた傷んだ床は、生産性が落ちるばかりではなく安全性にも大きな影響を及ぼします。また食品工場ですと衛生面にも多大な影響を及ぼしますので早急に補修する必要があります。
補修を行う際は入念な現地調査の上、劣化状態と使用条件、要求性能に合致した材料・工法を選定する必要があります。またその場合、確実な下地処理が大変重要となります。この作業を疎かにしてしまうと、いくら良い材料・工法を採用したとしてもすぐに接着不良などの不具合が発生する恐れがあるためです。
弊社では様々な下地処理機械を駆使し、最適な材料・工法を用いて最良の施工を行います。

ギャラリーを見る

床面のひび割れの補修には、短時間で開放できるポリウレア樹脂による補修が最適です。施工後1時間後にはフォークリフトの走行が可能です。開閉作用の大きいひび割れには弾力性があり追従性の高い『ペナトロン#3003』を、開閉作用の少ないひび割れには硬質の『ペナトロン#4034(SSP-200)が適しております。どちらも常温からマイナス20℃程度の環境下まで使用可能です。

ギャラリーを見る

冷凍倉庫の床面は過酷な環境下、使用条件のため大変傷みやすい部位となります。しかしながらマイナス環境下で施工できる材料は少ないのが現状です。
ペナトロン#3003及び#4034はマイナス20℃程度の環境下でも使用できる画期的な材料です。ひび割れや小面積の補修には#3003を、面での施工は#4034が適しております。

ギャラリーを見る

コニシベステム工業会に所属し、外壁のモルタル・タイルの浮き補修をはじめ、タイルの剥落防止、耐震補強等、建築物・構造物の補強・補修を行っております。

コニシのホームページに遷移
http://www.bond.co.jp/bond/reinforce/

ギャラリーを見る

リフリート工業会に所属し、塩害や中性化及び疲労等によって劣化したコンクリート構造物の補強・補修を行い再生・延命化を図ります。

リフリート工業会のホームページに遷移
http://www.refrete.com/

ギャラリーを見る